公の建物にも固定資産税を支払うべき

 全国どの地方に行っても、巨大なビルは県庁・市庁舎など税金で建てたものばかりです。しかもこうした建物は固定資産税を払っていません。
 民間企業はできるだけ経費を切り詰めようと、それこそバラックみたいなところで一生懸命働いて税金を納めているところもあるというのに、その血税をもらう側が立派な建物から民間を見下すように収まっているというのは、やはりおかしいのではないでしょうか。
 東京でも有数の大きさを誇り、立派な建物に東京都庁があります。そしてその周辺には3井ビル、住友ビル、京王ブラザビル、野村ビルと東京西新宿にはそうそうたる企業群のビルが建っています。そしてどのビルよりも立派で大きくそびえたっているのが都庁です。
 前述しましたが京王プラザホテルのラウンジから通勤の人々の流れを見ていると、まるでアリのように多くの通勤の人々がピルの中に吸い込まれていきます。
 しかし、その中でいちばん大きく巨大な建物が都庁なのです。そして巨大な建物の管理費、光熱費、清掃費などは税金で賄われています。建物が巨大であればあるほど、立派であればあるほど、かかる費用も膨大なのです。

高層ビル

 一方、3井ビル、住友ビルなどに入って行く人々は税金を支払う側、会社であれば法人税も固定資産税も支払う側なのです。
 その支払う側の建物よりも、大きくて立派な建物が必要なのでしょうか。
 私はやはり何か違うと思いますし、このことが日本の中で大きく矛盾している間題の一つだと思います。
 税金をいただいて建てた建物、税金という住民のお金を支払う側よりもらう側の建物がいちばん立派というのは、何か変ではありませんか?
 みなさんの住んでいる町や村はどうですか? 税金で建ったものは結構立派ですよね。ひとつは固定資産税が発生しないからなのです。それが特権なのです。ですから異常に立派な、今となっては現状にそぐわないものが建てられてきたのです。
 私は、たとえ公の建物でも固定資産税は支払うべきだと思っています。私の会社でも毎年、固定資産税は相当支払います。民間の会社の感覚とあまりにも経済感覚がズレてしまっているのではないでしょうか。とくに震災以降の日本は、たとえ1円たりとも税金のムダ使いは許されない時代なのですから、手間かもしれませんが民間と間じようにすべきだと思います。
 そうすれば官と民との感覚のズレも少しは解消されるでしょう。よく官の会社は赤字ではないと言いますが、固定資産税を払ったうえで言っているわけではないので、チンプンカンプンでおかしな議論になるのです。


大阪市西区はドームなども建設されるなど、急激に開発進みました。近代化するとともに人口が増加し続けているホットな街で,それにともない住居用の建物もぞくぞく建設されております。最新デザインの賃貸物件が多くあるので,是非一度大阪市西区の賃貸を調べてみましょう。

空き家を放置し続ければ「空き家対策特別法措置法」により国から勧告を受け,罰金を科せられることを知っていますか?
そのようになる前に是非,売却が困難になった空き家などの放置している不動産物件の解体を専門の業者の方などに依頼,もしくは相談してみましょう!
解体と簡単に言っても建物取壊費用や廃棄物処理費用,付帯工事費用などがあり,それらを合計した費用が必要となってきますので,ご自身の物の破損した箇所などを調べて,解体に取り掛かるのが良いですよ。
また,建物の規模や工事にかかる日数などでも費用は変わってきますので,自身の物件の解体に見合った条件の費用となるよう依頼する会社などを慎重に選ぶ必要があると思いますので,空き家対策特別法措置法の詳細を一度情報を確認して見てください!

大阪近くでの生活を検討しているなら,奈良市の一戸建ての情報を調べてみませんか?
奈良市は大阪へもアクセスしやすくなっており、駅前にはコンビニやスーパーも豊富に立地しているので,仕事終わりに買い物をすることもできます。
奈良公園は自然豊かな公園となっていることから,リフレッシュもできますよ!
あなたにあった奈良市の一戸建てを探してみてください。

東京の葛飾区には不動産が沢山ありますが駅も沢山あります!そんな交通利便なエリアで新生活はじめませんか?こちらには様々な物件情報を掲載しとります。さまざまな年代に人気のエリアです!一人暮らしに嬉しい家具・家電付のお部屋も多数ご用意!是非お気軽にこちらのウェブサイトをチェック!気になる物件がございましたらお気軽にお問い合わせください!また東京のマージナル地域にあるので隣接する千葉県や埼玉県へ歩いて両県に行くこともできます。
休みの日にお出かけのしやすい地域ですよ!!
この葛飾区の不動産物件の事なら弊社にお任せください。新築から中古のアパート,マンション,戸建て,二世帯住宅などお客様にあった物件がきっと見つかるはずです♪
そんな東京都の不動産についてしりたいかたはウェブサイトはこちらからアクセスできます!